下取りは必ず一括査定を使うこと!

下取りは必ず一括査定を使うこと!

ディラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万になることがあります。

一括査定サイトを使うことで。
大手下取り会社最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので
値段が陥りあがります。

数分の入力で相場を知ることができます。

マツダcx-30の良い口コミ

マツダcx-30はCX-5より小さく、CX-3よりも大きなSUVです。
その良い口コミやレビュー評価などでとして多く見られるのが乗り心地の良さで、これはマツダ3のプラットフォームを使用していることや、マツダ共通のG-ベクタリングコントロールプラスの性能によるところや、シートの作りの良さも影響されているものと考えられます。
また、SUVならではの見晴らしの良さや室内の広さの面でマツダ3を上回る乗り心地という評価も見られます。
SUVであることもあり、マツダ車に多く見られる後席の見晴らしの悪さや荷室スペースの狭さに対しての評価もあまり見られず、室内・荷室スペースの評価も良いものとなっています。
また、ガソリンエンジンを中心に静粛性の高さも評価が良いものとなっています。
なお、ガソリンエンジンのパワーが低いという意見もありますが、より高出力でマイルドハイブリッドシステムを採用し低燃費のスカイアクティブXエンジンの搭載が確定していることから、こちらの評価もより良いものへと変わっていくものと思われます。
フロントデザインやボディスタイルに対しての評価もかなり高く、スタイル重視だったマツダCX-3の立場がないのではと思わされる部分すらあります。

マツダcx-30の悪い口コミ

マツダcx-30の悪い口コミですが、

Bさんの口コミ
『車内空間が静穏になる設計になっているがゆえにエンジンの騒音が気になるという点が挙げられます。
オーディオなどを搭載しているのであれば気にならないでしょうが、オーディオが搭載されていない、もしくはオーディオを交換しようと考えている方でまだ社内にオーディオがないのであればエンジンの音が大きく聞こえるため音が気になりやすいです。
特にディーゼルですと音と振動が伝わるのが気になる点です。
他には、フロントガラス部分に見えにくい資格となる部分があり、慣れるまで狭い道には気を付けなければならないと結構気配りをする必要性があり、ブレーキについても若干甘く、思い切り踏み込まないと効かないです。
車内については狭くウィンドウも小さいので開放感がないSUVでSUVによくあるキャッチフレーズの開放感がある車内空間というものには程遠いです。
また、アンダーフェンダーの樹脂についてですが樹脂の部分の割合が多く、ボディとなる部分を多く占領しているため、フェンダーが強調されてしまい、安っぽいでかいフェンダーが付いているように見えSUV特有の力強さみたいなものが削がれる印象が付きまといます。』

スポンサーリンク

マツダcx-30の口コミ 評判 評価

Aさんの口コミ を紹介。
『CX-30は今までのCXシリーズの延長かと思いきやただのSUVではないようです。
走行性能はSUVではありますが非常にハンドリングが良くコーナーリングの安定感もしっかりと有り、街乗り、高速走行、ワインディング走行性もよく、新しいオールラウンダーと言えます。
外観はフロントビューではCX-5を凝縮したような形でこれに関しては賛否両論ありそうです。
個人的には気に入っています。
フェンダー部分の樹脂パーツが若干価格帯の低さを感じさせます。
オプションでボディー同色の設定でもあればこれまでのCXシリーズから一線引いた新しさを感じますが。
せっかく走りが新しさを感じさせるものになっているのでここは脱却して欲しかったのが本音です。
室内の居住性はファミリーユースとしては後部座席が少し狭く感じますが、全体的には広すぎず、狭すぎない使いやすさの丁度良い所にいると思います。
走り、大きさ、価格帯どれを取っても「丁度良い」と言える1台ではありますが、世界的に見ても近年このクラスの需要が高まってきているので、国内にもライバル車も多いと思います。
Mazdaの力の入れ具合は非常に伝わりますが、その中で独り勝ちができる程の驚きは感じられなかったです。』