下取りは必ず一括査定を使うこと!

下取りは必ず一括査定を使うこと!

ディラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万になることがあります。

一括査定サイトを使うことで。
大手下取り会社最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので
値段が陥りあがります。

数分の入力で相場を知ることができます。

cx-30で車中泊はどう?

マツダcx-30は比較的コンパクトなSUVで車中泊も可能ではありますが、サイズ的な面とシートアレンジの面を考えるとやや不利な部分があります。
リアシートは格納可能となっていて荷室が広げられますが、フロントシートをフラットにできるわけではない点が注意すべき点で、あまり就寝用のスペースが発生しないと言えます。
マットなどの装備は純正オプションでは用意されていないので、注意したほうが良いでしょう。
また、室内高はSUVの中ではそれほど高くない点も車中泊にはそれほど有利ではない点と言えます。
ミニバンなどと比べた場合着替え等はやや難しい部類と言えるでしょう。
電源に関してUSB電源はフロントに用意されますが、トヨタのハイブリッドカーのようなパワフルな電源ではない点も気をつけたほうが良いポイントです。
このクラスとしては珍しくサンルーフが装備できる点は車中泊にとってメリットと言える部分かもしれません。
トータルではハイブリッドミニバンや軽ハイトワゴンのほうが車中泊に向いていると言えますが、走行性能やコンパクトさが魅力とも言えるので、CX-30で車中泊を考える際はある程度狭いということを頭に入れたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

cx-30の後部座席

cx-30の後部座席は同じマツダのSUV・CX-3よりも頭上スペースやフロントシートとの間隔が広くなっており、身長180センチの人でも快適なスペースとなっていることをアピールポイントとしています。
また、シートデザインそのものもCX-3やCX-5とは異なるものとなっています。
比較的クラスの近いSUVであるトヨタ・C-HRにはないセンターアームレストが付いていることもポイントと言えるでしょう。
後部座席周りにはボトルホルダー付ドアポケット、アームレストに2つ用意されたカップホルダーなども装備されており、利便性も高いものとなっています。
後部座席は6:4分割可倒式シートバックを採用しているため、三人乗車時に片側だけを倒して長い荷物を収納することや二人乗車時に後部座席すべてを倒して荷室を広げることが可能です。
ただし後部座席にはスライド機構やリクライニング機構はありません。
(CX-5にはリクライニング機構があり)CX-30のその他の快適さのポイントとしてエアコンの吹出口が後部座席付近にも用意されていることやシートバックポケットの設定も挙げられます。
なお、チャイルドシートは左右どちらにも装着が可能となっています。

CX-30の荷室用量

CX-30は同じマツダのCX-3とCX-5のちょうど中間の大きさのSUVです。
荷室用量は5人乗車時で430リットルとなっており、CX-3と比べ80リットル増えており、ベースとなったマツダ3と比較しても約100リットル増えています。
これは海外で使われている大型のベビーカーを積載出来るように考慮された結果だそうです。ゴルフクラブも入ります。
また、地上から開口部の高さもCX-3に比べ低くなっているので重い荷物を積む時も負担が少なくなるよう考慮されています。
因みに開口幅は1020mmとなっており、CX-3と比べても使い勝手は高いと思われます。因みにシートを両方格納した状態では1406リットルとなっています。
参考までトヨタCH-Rは同じ条件で1112リットルとなっているのでその差は歴然です。また、荷室にはサブトランクボックス、トノカバー、ラゲッジフック4箇所が全タイプに標準装備されているので、使い勝手を考えたかがわかります。
また、20Sを除く全グレードにパワーリフトゲートが標準装備されています。
これはアドバンスドキーや室内のスイッチ、電磁式トランクオープナーを軽く操作する事でバックドアを開けられる物です。
重いものを持っているときや、手が塞がっている際とても便利です。