下取りは必ず一括査定を使うこと!

下取りは必ず一括査定を使うこと!

ディラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万になることがあります。

一括査定サイトを使うことで。
大手下取り会社最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので
値段が陥りあがります。

数分の入力で相場を知ることができます。

cx-30の試乗レポート

MAZDA CX-30の試乗に関してですが、まず最初の印象は「滑らか」です。

車の基本的なスタートから順を追って説明していきます。

まず止まっている状態から動き出す瞬間です。

この印象はCX-30という車格にちょうどいい、パワー感やトルクを味わうことができます。
特にディーゼルではそれを感じることができ、下から吹き上がるパワーは日本でも唯一ディーゼルエンジンを作り続けているマツダという企業の「パワー」を感じます。

続いては、街乗りの中でのカーブ、加速、減速です。

まずクロスオーバーということで、車高が高いので目線が少し高いので運転はしやすいです。
しかし車高が高い故に、カーブの際はGがかかり、頭が横に振れやすい印象です。
この印象はドイツ車に慣れている人は「やわ」と言うかもしれませんし、日本車に慣れている人は「しなやか」と言うかもしれません。

加速についてですが、街乗りに関しては全く苦にならない加速感と登板能力を発揮します。
高速でのロングドライブなどでは少々疲れてしまうかもしれませんが、「街乗り」と割り切ってしまえば、非常に乗りやすい車でしょう。

減速については正直なところ「可もなく不可もなく」です。
車の性能や走りを楽しみたい方には物足りないと言いますか、スポーティーな走りはあまり期待できないです。

総じて最初に言った通り「滑らか」と言いましたが、車の動き全体が滑らかなので、普段使う分には苦にならない車です。

スポンサーリンク

cx-30の試乗のポイント

マツダの新型SUV・cx-30の試乗のポイントは、
エンジンを選択するところからスタートしますが、燃費がよくトルクの太いディーゼル、スムーズさがポイントのガソリンエンジンがありますが、変速機は同等となっているためフィーリングの違いが中心になるでしょう。
なお、ディーゼルはエンジンにすすがたまることからあまり街乗りに向いていないという話もあります。
こちらの件も試乗しながら話を聞いてみるといいでしょう。
また、より燃費とパワーに優れ、マイルドハイブリッドシステムを搭載したスカイアクティブXエンジンはCX-30登場時点では用意されていないため、こちらの試乗をしてから決めるという手もあります。
ただし、CX-30のスカイアクティブXはガソリンエンジンから60万円以上高くなっており、室内の作りなどは他のタイプとほぼ共通となっているため、走行性能以外のポイントは他のタイプの試乗で確認できます。
また、プレミアムガソリン使用であることもスカイアクティブXの注意点です。
車をアウトドアレジャーで使うケースの多い方はより室内の広いCX-5と比べての取り回しの良さや荷室の広さなどでどちらが自分にとって優れているかを確認するといいでしょう。

マツダcx-30の試乗評価 試乗車

Cさんの試乗の感想。

「試乗者の試乗評価ですが、室内空間については運転席と助手席の距離が近く、狭い印象を与えました。
その為、SUVによる各フレーズの広い室内空間ですとか開放的は空間という印象はなく、圧迫感があります。
エンジンの性能については、ガソリン車については印象としてはきびきびと走る印象でサスペンションの機構も安定しておりガタつくことはないです。
問題はディーゼル車については、車の重さとエンジン出力があっていないように思えパワー不足を感じ、エンジンの回転が上がればその分細かな振動が発生しサスペンションがその細かい振動を打ち消し切れていないような印象を受けます。
ただし、揺れすぎるですとかそういった物ではなく揺れているかなと感じる程度の揺れですが、パワーがあって揺れる分には納得できますが、パワーが不足しているのに揺れているのは納得できないです。
全体的に車高を落としているため、コーナリング時においては安定性は高くふらつくこともないのでコーナリング時においては安定している車ですがブレーキの利きが踏み込まないと利きが悪いのも若干の不安要素です。
評価といしては、SUVで多目的な車としては使用可能ですが、SUVにパワーを求めている方や開放感を社内に求めている方には向かないという印象を受けます。