下取りは必ず一括査定を使うこと!

下取りは必ず一括査定を使うこと!

ディラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万になることがあります。

一括査定サイトを使うことで。
大手下取り会社最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので
値段が陥りあがります。

数分の入力で相場を知ることができます。

CX-30 vs トヨタC-HR 比較 どっち

こちらの二台はほぼ同じサイズであり、
価格帯も同じという意味で言えば「ライバル車同士」とも言える存在でしょう。

しかし各メーカーこの二台に拘った点があるので、今回はそこを中心に比較してみましょう。

・走行性能

トヨタC-HRはSUVという枠組みを超えて、
しっかりとした走行性能が売りとなっています。

その例として、ドイツのニュルブルクリンクというコースを徹底的に走り込み、また市街地で多くのテストを行なっている車種なので、
マツダCX-30にはない、スポーティーで切れ合いのある運転が楽しめます。

マツダCX-30はスポーティーな走りというよりも、
極力運転のしやすさを目指した車になります。

デザインから表れているように、エンジンの吹き上がりや走り出しはシルクのような洗練された滑らかな走りを体感できます。

悪路を走破したり、スポーティーな走りというよりは、普段日常で上質な走りを楽しめるか、ということがマツダCX-30の良さでしょう。

・デザイン

先ほどC-HRは走行性能に拘りがあると行ったように、
実は空力を考えられたデザインとなっています。

例えば、リアのデザインやルーフのデザインはボディに流れた空気が後方で渦を巻かないように計算されており、後方で渦を巻いてしまうと車が後ろに引っ張られてしまうので、最高速が落ちたり、また今の時代を考えると燃費が下がってしまいます。

やはりトヨタC-HRの根底にあるのは「走りの追求」ということです。

マツダCX-30はトヨタC-HRとは打って変わって、非常にシンプルでボディの面を広く使ったデザインとなっています。
トヨタC-HRは多面的なデザインですが、
CX-30のように面を広く使うことで「高級感」が増します。

余白をうまく使うことで高級感が出るのと一緒で、
CX-30はシンプルでボディの面を広く使っているデザインなので、
マツダCX-30は「上質の追求」ということでしょう。

・総評

走行性能や先進的なデザインを求めている方はトヨタC-HRで、
内外装含めた上質さを手にしたいのであれば、マツダCX-30が良いでしょう。

それぞれトヨタC-HRとマツダCX-30にはキャラクターを持たせ、強みにしています。

二台とも短所を埋めるというよりも、「一つの良いところをより伸ばして短所を補う」という形になっております。

自分が車に何を求めているのかを照らし合わせて、トヨタC-HRとマツダCX-30を比較すると、より明確な比較の判断をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

cx-30 vs トヨタC-HR 大きさ サイズ 広さは

CX-30の広さについて、
まず全長ですが4,395mmで、全幅について1,795mm、高さは1,540mmです。

ボディサイズのイメージとしては、
他の車種も含めコンパクトSUVとされている車種と、
通常のSUVとされているサイズの中間程の大きさに当たります。

つづいて、トヨタから販売されているコンパクトSUV車種の位置づけである
C-HRとの比較です。
C-HRのサイズは、全長4,390mmで全幅が1,795mm、高さは1,565mmとなっています。

とよたのC-HRも、
他のコンパクトSUVと比較し少しサイズが大きいタイプのSUVであり
CX-30と比較して同じぐらいのサイズ感であります。

気になる車内について、CX-30のラゲッジは430Lとなっており、C-HRのラゲッジは318Lです。
ラゲッジ容量はCX-30の方が勝っていますが、その代わりサイズ感が同じなので座席の間隔がC-HRよりもCX-30の方が、すこし狭い感じになっています。

CX-30の運転席および助手席はわりとゆとりがあり、
後部座席がすこし窮屈になっています。
もし、普段4~5人で利用される事が多い場合は注意が必要です。

cx-30 vs トヨタC-HR 燃費は?

マツダの新型SUV・CX-30とトヨタのSUV・C-HRは
ともに燃費面で優れている車種です。

ハイブリッドシステムやディーゼルエンジンなど様々なパワートレーンがあります。
その燃費を比較してみました。

数値が最も優れているのはC-HRのハイブリッドで、
WTLCモード燃費で25.8km/lとなっています。
ただし2WDのみとなります。

ついで優れているのはCX-30のXD PROACTIVEで、
2WDで19.2km/l、4WDで18.4km/lとなっています。

CX-30には新型ガソリンエンジン・スカイアクティブXが登場する予定です。
こちらはディーゼル並みの燃費
ということがセールスポイントのため、
20.5km/lを大きく超えることはなく、
C-HRの燃費に届くことはないと考えられます。

C-HRガソリン車は旧燃費モードのJC08モードの2WDで16.4km/l、
4WDで15.4km/lが最高値となります。

CX-30のガソリン車燃費は
新モードWTLCモードにおいて2WDで16.2km/l、
4WDで15.6km/lとなっています。

新モードは旧モードよりも数値が厳しくなる上で
C-HRとCX-30の数値が比較的近い数値であることから、
ガソリン車においてはCX-30が燃費的に優位と言えます。

cx-30 vs トヨタC-HR 価格を比較

cx-30 vs トヨタC-HR 価格での比較は
まず最低価格グレード同士を比較すると、
CX-30の2WDガソリン車が239万2500円なのに対し、
CH-Rのガソリン2WD車は236万7000円とややC-HRが安価な点がポイントです。

メイングレードのCX-30のディーゼルとC-HRのハイブリッドを比較した場合、
CX-30のディーゼルエンジン最低価格288万7500円に対し、
C-HRの最低価格のハイブリッドでは273万円となっており、
燃費はcx-30がWTLCモードで19.2km/lなのに対し
C-HRは25.8km/lと燃費面で有利です。

ただしパワー面ではCX-30が有利となります。

また、CX-30にはディーゼル4WDがありますが、
C-HRにはハイブリッド4WDはない点ではC-HRのウィークポイントと言えるでしょう。

またCX-30にはSKYACTIV Xという180馬力のハイオクエンジンが搭載できますが、
329万4500円からと高額で
CH-Rにはライバルと言えるクラスはなく、
トヨタの格上のRAV4ハイブリッドのほうがSKYACTIV XのCX-30より低価格で燃費が優れていることは検討すべきポイントでしょう。