下取りは必ず一括査定を使うこと!

下取りは必ず一括査定を使うこと!

ディラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万になることがあります。

一括査定サイトを使うことで。
大手下取り会社最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので
値段が陥りあがります。

数分の入力で相場を知ることができます。

cx-30 vs cx5 比較 どっち

マツダのSUVであるcx-30 vs cx-5 で比較すると、
サイズ的には全長、全幅、全高ともにcx-5のほうが大きくなっています。

cx-30はサイズが小さい反面、最小回転半径が5.3mとなっており、cx-5の5.5mよりも有利な数値となっていることから、小回りの面ではcx-30が有利と言えるでしょう。
さらにcx-30は立体駐車場に入る点が利点です。

一方SUVとしての悪路走行性能はタイヤサイズや最低地上高でcx-5のほうが有利となっています。
オンロードの走行性能は230馬力ターボ、190馬力ディーゼルなどcx-5のほうがパワフルとなっていますが、cx-30はガソリン、ディーゼルで出力で劣る分低燃費という面デメリットがあります。

なお、cx-30の新エンジンスカイアクティブXでは180馬力程度と想定されているため、パワーを追求する場合CX-5のほうが良いでしょう。

なお、この中でディーゼルでマニュアルが選べるのはcx-5、ガソリンでマニュアルが選べるのはcx-30となっていることもポイントです。

なお、cx-5はcx-30より大きいことを活かし、福祉車両が用意されていることもポイントと言えるでしょう。

スポンサーリンク

cx-30 vs cx5 価格を比較

cx-30 vs cx5 を価格で判断した場合、
CX-30の最も安いガソリンエンジン6ATグレードの本体価格は239万2500円からなのに対し、
CX-5の最も安いグレードの本体価格はやはりガソリンエンジン6ATのグレードで261万8000円となっており、ボディサイズの差の割には価格差は小さめと言えるでしょう。

ディーゼルエンジンの最低価格同士で比較すると
CX-30はの2WDで288万7500円に対し、
CX-5の2WDは293万7000円となっています。

このディーゼルは排気量がCX-5のほうが大きいため、CX-5のほうがお買い得感が強いと言えるかもしれません。

一方特別仕様車を覗いた最も高額なグレードで比較するとCX-30の4WD SKYACTIV X搭載グレード X L Packageは371万3600円なのに対し、
CX-5の4WD ディーゼル XD L Packageは362万4500円で、
ボディサイズの小さなCX-30のほうが高いという価格の逆転現象が起きています。

この2つの最上級グレードの維持費に関してはCX-3と同じエンジンを積むMazda3がCX-5と燃費数値が同等の模様なため、ハイオクエンジンのCX-3とディーゼルエンジンのCX-5ではCX-5のほうが安くなります。
他グレードに関しても極端な差はありません。

cx-30 vs cx5 大きさ サイズ 広さ

マツダのSUVであるcx-30 とcx5 を
大きさ、サイズ、 広さで比較した場合、
cx-30が全長4395mm、全幅1795mm、全高1540mmに対し、
cx-5は全長4540mm、全幅1840mm、全高1640mmとなっており、
サイズ的にはCX-5のほうが大きくなっています。

cx-30は全高が低いため、立体駐車場に入るという点もメリットです。

一方、cx-5は最低地上高が高いため見晴らしがよく、悪路走行性能も優れています。

cx-30は室内長1830mm、室内幅1490mm、室内高1210mmなのに対し、
CX-5は室内長1890mm、室内幅1540mm、室内高1265mmとなっており、
実感的な広さはcx-30とcx-5では高さ以外はそれほどないといっていいでしょう。

ただし、cx-5の後席にはcx-30にはないリクライニング機能がついている点が大きな違いで、
3人以上の乗車が多きケースではcx-5の方が居住性が優れています。

一方荷室スペースはcx-30が430リットルに対し、
cx-5は505リットルと大幅に広く大きくなっています。

またナンバープレートはどちらも3ナンバーサイズとなっています。

cx-30対cx5 燃費は?

CX5,CXー30ともにガソリンエンジン,クリーンディーゼルエンジンが採用されています。
2WDと4WD、またATとMTで多少の違いはありますが、
今回は2WDのガソリン・クリーンディーゼルそれぞれ1つずつ、
WLTCモード燃費で比較していきます。

まずガソリンエンジンのCX5は
2WD(FF)にて12.6~14.6km/Lであり、
CX-30は2WD(FF)1にて15.4km/Lと
CX-30のほうが燃費が良いです。

次にクリーンディーゼルを比較していきます。

CX5は2WD(FF)にて17.4km/Lです。
それに対しCX-30は2WD(FF)では19.2km/LとこちらもCX-30のほうが良いです。

ガソリンエンジン,クリーンディーゼルともにCX-30優勢の状態。

しかし、例外としてクリーンディーゼルMTにおいては、
CX5は19.4km/L、CX-30にはMTが無く、CX5が若干上回っています。

ただ、MTにこだわりがなく、ATでも問題なければ、
CX-30のほうが全体的には燃費が良いです。

よく遠出をされる方や、通勤距離が長い場合などは、
燃費が良好なCX-30を選ぶ方が得策と言えるのではないでしょうか